主な傷病一覧表

受給可能な傷病例

受給可能な傷病の種類は国の基準により細かく別れています。下記傷病例を記載しますが、詳細はご相談頂き、受給可能な事例かどうかこちらで調査致します。お気軽にご相談ください。

受給可能な傷病例イメージ

主な傷病例 ※あくまで一例です。詳細はご相談ください。

眼の障害 白内障、緑内障、網膜血管硬化症による視力障害、ブドウ膜炎、眼球萎縮、 癒着性角膜白斑、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症、強度近視、極度近視 など
耳の障害 メニエール病、感音性難聴、突発性難聴、頭部外傷または音響外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害、ストマイ難聴、聴神経変性、先天性聾 など
鼻腔機能の障害 外傷性鼻科疾患 など
そしゃく・嚥下機能、 言語機能の障害 咽頭摘出術後遺症、上下顎欠損、脳血栓(言語) など
肢体の障害 上肢または下肢の離断または切断障害、外傷性運動障害、脳卒中、脳出血、脳梗塞、脳軟化症、重症筋無力症、関節リウマチ、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー、パーキンソン病、脳血管障害、くも膜下出血、脳内血腫、脳動脈瘤、動脈硬化症、脳挫傷、脊髄血管障害、下肢血行障害、片麻痺、頭部外傷、変形性脊椎症、頸椎症、頸髄症、腰椎椎間板ヘルニア、痛風、変形性股関節症、股関節脱臼、神経病性関節症、膠原病、骨髄炎 など
精神の障害 うつ病、そううつ病、統合失調症、若年性認知症、器質性精神障害、知的障害、てんかん、妄想性障害、非定型精神病、老年痴呆、アルツハイマー病、自閉症、その他詳細不明の精神障害 など
呼吸器の障害 肺結核、肺結核兼混性肋膜炎、じん肺、気管支喘息、慢性気管支炎、慢性呼吸不全、肺気腫、石綿肺、けい肺結核、膿胸、肺線維症など
心疾患による障害 弁膜症、心筋疾患、虚血性心疾患、難治性不整脈、大動脈疾患、先天性心疾患、重症心不全、冠状動脈硬化症、狭心症、大動脈弁狭窄症、心筋梗塞、肺動脈弁狭窄症、心筋症、動脈硬化性心疾患、発作性心拍症 など
高血圧による障害 悪性高血圧、高血圧性心疾患、高血圧性腎疾患 など
腎疾患による障害 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全、慢性糸球体腎炎、痛風腎 など
肝疾患による障害 肝炎、肝硬変、肝癌、多発性肝膿瘍 など
糖尿病による障害 糖尿病、糖尿病性と明示された全ての合併症
その他の疾患による障害 悪性貧血、再生不良性貧血、悪性新生物(がん)、臓器移植、化学物質過敏症脳性疾患 など

こんな場合も状況により受給可能です!あきらめずにご相談ください。

  • うつ病と診断されお悩みの方

    精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなどで発症したうつ病などの精神疾患に対しても、障害年金が認定される事例もあります。

  • がんを治療中の方

    がんを治療中の場合、30%の動きしかできなかったり、治療後の副作用でベッドに横になっていることが多いなど、障害年金が認定されるケースも増えてきており、医師に具体的に伝えて診断書を書いてもらうと、障害年金を認められる可能性が高くなります。

  • 心疾患の方

    日本人の死因のベスト2にあげられる心疾患の病気を治療中の方。心疾患には心臓病・心筋梗塞・狭心症・不整脈・心不全・心臓弁膜症・動脈瘤・心筋症・心臓肥大などがあげられますが、内容により障害年金が認定される事例もあります。

  • 糖尿病を治療中の方

    インスリンを利用しても血糖のコントロールが不良の場合や、糖尿病を起因とした合併症が障害年金の対象となる場合があります。

  • 相談無料
  • 着手金0円
  • 安心の成功報酬型
  • 受給金額は条件により異なります。まずはお電話かメールにてご相談ください。

山田扶美子社会保険労務士事務所が運営する「大阪障害年金申請ナビ」では、障害年金の専門知識を有する社労士が、親切丁寧に細部までヒアリングさせて頂き、煩雑な手続き申請を代行させて頂きます。

女性スタッフ3名により運営しています。女性の方も安心してご相談ください。

TEL:06-6765-2350

E-mailでのご相談はこちら

↑ページトップへ